コンテンツ
ヘッダ

Aqua

ミディアムアクア 一滴の「永遠の命に至る水」を夢見て

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
Aquaとは・・・
記事本文

はじめまして、Aqua(アクア)と申します。

Aquaとは、ラテン語で「水」を意味します。
水は、すべての生命の源であり、浄化、再生のシンボル。
人々の体、心、魂を潤す純粋な水のようでありたいという
願いが込められています。

ヨハネの福音書では、このようなイエスのお言葉があります。
「私が与える水を飲むものは、けっして渇かない。私が与える水は、
その人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」
これは、魂が真理に目覚めることを意味すると言われています。

一滴の「永遠の命に至る水」をめざす、
スピリチュアリスト、アクアが日々の気付きや想いを綴ります。

2012年の新しい年の輝かしい幕開けと共にスタートいたします。
どうぞよろしくお願い致します。



※無断転載・無断コピーはご遠慮下さい。

記事続き
タイトル
タイトル
Aquaの活動について
記事本文

Aquaアクアは、現在、神戸・大阪を中心に、IIS国際スピリチュアリズム協会でミディアム、スピリチュアルヒーラー、講師として、また、個人で芦屋・京都でミディアム・講師として活動しています。

≪国際スピリチュアリズム協会≫
クラス
<大阪スピリチュアルアウェアネス>
中級・上級クラス 講師:アクア
1/12、1/26、2/9、2/23、3/8 (木曜19時~21時)
オールレベルクラス 講師:開堂慈寛氏、アクア
1/18、2/1、2/15、2/29、3/14、3/28(水曜19時〜21時)

<神戸スピリチュアルアウェアネス>
オールレベルクラス 講師:アクア
1/21、2/4、2/18、3/3、3/17 (土曜13時〜15時)

ヒーリングセンターも上記同日開催しています。
※予約不要(土曜15時30分〜17時、受付は16時30分まで)

ミディアム
トータルリーディング
  50分16,000円(非会員)12,800円(会員)
スカイプカウンセリング50 分15,000円(非会員)12,000円(会員)
※日時応相談で、随時受け付けております。

【トータルリーディング】
まず、ミディアム(霊媒)が相談者の方の先祖霊(家族、友人)、スピリットガイド(指導霊)に区別なくコンタクトを取り、メッセージを受け取ります。必ずしも、両者ともコンタクトが取れるとは限りません。場合により、過去世に関する内容が伝えられます。後半は、相談者の方のご質問をお受けし、先祖霊、スピリットガイドからのメッセージをお答えします。

すべてのお申し込み、お問い合わせは、以下までお願いします。
IIS国際スピリチュアリズム協会 info@iis-org.jp


≪Aqua アクア≫
ミディアム
スピリチュアルリーディング 
1時間 10,000円
スカイプリーディング      1時間 10,000円
※日時応相談で、随時受け付けています。

【スピリチュアルリーディング】
上記、トータルリーディングと内容は同じです。

ワークショップ
芦屋アクアワークショップ 
毎月一回開催中
京都アクアワークショップ 不定期で開催中
詳細は、お問い合わせください。

すべてのお申し込み、お問い合わせは、以下までお願いします。
Aqua アクア aquamediumjp@yahoo.co.jp
ご返信に少々お時間がかかる場合があります。予め、ご了承ください。

記事続き
タイトル
タイトル
新たなるはじまり
記事本文
まぶしい閃光と共に、2012年の幕が開けました。
年初めの地球全体に漂う凛とした静謐さには、背筋が伸びるような、いつも程よい緊張感を感じます。
すべてを清めてくれるような澄みきった神気のようにも感じます。この時期は、心新たに今後の自分の在り方、生き方を考える為の神から与えられた良い節目でもありますね。

昨年は、日本人すべての方にとって、大きな試練の年でもありました。きっとお一人お一人が多くの気付きや学びを得られたことでしょう。
私自身も、命、家族や愛する人、自然など、深く感じるものがありました。「愛」や「人との繋がり」の大切さがもっとも感じられた年でした。

依然として、現実は厳しい状況ではありますが、希望を持ち続けていきたいですね。人の魂の強さ、賢明さ、美しさを信じています。

そして、今ここにある自分に感謝し、自分に何ができるのかを自問自答しながら、今年一年、精進していきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。



 
記事続き
タイトル
タイトル
メッセージ
記事本文

よしあしを思ふは人のひがごころ
神によしあしなくとをもひそ

この句は、初詣で神社で引いたおみくじです。
出来事には善し悪しはなく、それは人の思い違いであり、神は善し悪しで捉えたりしない事を理解しなさい、という意味でしょうか。
これは、昨年暮れ、私の心に響いたある方の言葉とまったく同じメッセージです。シンクロですね。必要なメッセージは繰り返し訪れます。
今年はこのメッセージが心の拠り所となるかもしれません。
事象に捉われすぎず、結果に捉われすぎず、自分の道に努めたいですね。

記事続き
タイトル
タイトル
鎮守の森の精霊
記事本文
神社にまつわる子供の頃の思い出があります。

まだ小学校に上がる前のお話です。初めて親元を離れ、早めの夏休みとして、母の知人の田舎にその方の娘さんと一緒に預けられたのです。今思うと、トトロの世界さながら、山深いところの茅葺の一軒家でした。都会っ子の私にはすべてが驚く事ばかり。朝、蚊帳の中のふとんの周りを走り回る猫に起こされ、枕元を見ると真っ赤なムカデが・・・。昼は、おじいさんが飼っている鶏を私たちに食べさせようとしたのでしょう、首のない鶏が庭を走り回る光景に絶句。また、夜がこんなにも暗い事を知ったのもこの場所でした。七夕に、緋毛氈をひいた縁台に座り、すいかを食べながら満天の星空を見上げたことを覚えています。今思い出すと、貴重な体験だったように思えます。

一緒に預けられた3歳ほど年上のお姉さんは、昼間は近所の同年代の子供達と出かけてしまい、幼稚園児の私は置いてき堀をくうこともしばしば。そんな時は、一人で近所を冒険しました。日に2本のバスが通るバス停や、小さな木造の校舎が建つ小学校の校庭。

その中でもお気に入りは、緑に囲まれた小さな神社でした。村を守る鎮守の森です。お社の境内にある木立で一人遊んでいると、空の方から森一帯を包む大きな光のようなおじいさんが降りてきて、遊んでいる私を優しくお見守ってくれている事を感じ、一層楽しくなった事を今でも覚えています。そこを訪れる度、しかも一人の時は特に空から降りてくるおじいさんの気配を感じたものです。

当時、私はそのおじいさんのようなエネルギーは神様だと思っていました。今考えると、それは鎮守の森の精霊のように思います。子供の頃、たった一人の冒険ができたからこその体験だったのかもしれません。これが今記憶に残る人生初期の霊的体験です。
記事続き
タイトル
タイトル
マザーテレサ
記事本文

マザーテレサは、私が最も尊敬する人物の一人であり、「奉仕」というものを初めて考えるきっかけを与えて下さった方です。

私が初めてマザーを知ったのは、大学入学間もなくの授業の中でした。もう30年以上前のこと。たしか、テキストにマザーの事や「死を待つ人々の家」でのマザーの活動について、書かれていたと思います。一人孤独に道端で死にかけている方を運び、看護する写真も、当時の私にはかなりショックが大きかった事をおぼえています。こんな風に人の為に奉仕する方がいる、この事実はもっと大きな衝撃でした。

私のクラス担当指導者のシスターJは、当時貧しかったインドへの奉仕活動を熱心にされていた方で、マザーの活動へも協力されていたようでした。シスターJは良く嘆かれていました。「日本人の学生はボランティア精神に乏しい。」と。その一人でもあった私には、かなり手厳しく心に響いた言葉でした。30年前の日本には、「奉仕」や「ボランティア」は今ほど浸透していなかったと思います。めざましい変化を遂げた今の日本人の「ボランティア精神」をみれば、シスターJもさぞかし驚かれた事でしょう。

インドでの奉仕活動を選択することはありませんでしたが、マザーの「奉仕の精神」は若かりし頃の私の意識や生き方に大きな影響を与え、スピリチュアルヒーリングの活動を通し、今も私の中で息づいています。私を導いて下さった、マザーテレサの愛と勇気、シスターJの率直なお言葉に心から感謝します。

記事続き
タイトル
タイトル
エジプト
記事本文

エジプトは、もの心がついてからずっと、私が最も行ってみたい場所でした。小学生の頃は、TVのエジプト特集などは食い入るようにみたものです。エジプト展などの催しにも、親にせがんで連れて行ってもらったこともあります。

きっかけは、子供の頃の夢でした。、
無数の青い蛇がうごめく穴に突き落されるという
、インディ・ジョーンズばりの夢です。もちろん、怖い夢なのですが、そこがエジプトであることを何故だか子供の私は確信していて、エジプトにとても心惹かれたのでした。また学級文庫で借りた、「世界7不思議」を読んだことも拍車をかけたかもしれません。

初めて行った外国は、意外にも西ヨーロッパでしたが、憧れから約30年後、私はエジプトの地を訪れる事になります。砂漠、ピラミッド、ツタンカーメン、ミイラ・・・。町中から聞こえてくるコーランの響きで目覚めた、近代高層ホテルでの朝の不思議な感覚。それまでの好奇心が存分に満たされたことは言うまでもありません。

中でも、思い出深いのは、女神イシスを祀るフィエラ島へ向かう船でのひと時です。滔々と流れるナイルを、白い民族衣装の老人が奏でる小さな竪琴の音色を聴きながら、白いボートで島へと向かいました。島へ近付くにつれ、甘い花の香りが漂い、まるで天上の世界へ向かうような心地がしたものです。

思えば、初めて深いトランスを体験したのもエジプトの地でした。何人かのミディアムから、「あなたには、エジプト人のガイドがいる」と言われていますが、今は腑に落ちるものがあります。
エジプトは、私にとって特別な場所であり、スピリチュアルな生き方へと魂を導いてくれた大きな要因であることは間違いありません。

記事続き
タイトル
タイトル
学び舎
記事本文
先週末で、私アクアが受け持つ、IIS国際スピリチュアリズム協会の全クラスの今年初めのお顔合わせを終えました。お馴染の方々にお会いし心が和み、新しく参加されたフレッシュな方々との出会いに心がはずみました。

いよいよこれから、皆様それぞれのエネルギーが切磋琢磨され、クラスが一つのサークルとして創造されていきます。大変楽しみにしています。向学心や期待に満ちた新しい参加者の方のエネルギーは、クラス全体の良い刺激になり、活性化されていく事でしょう。

IISという学び舎で学んできた私にとって、皆さんのお姿が過去の自分自身に重なる瞬間が度々あります。現在講師ではありますが、皆さんと同じく、今もここが私の学び舎であることに変わりまりません。
学びは、「永遠」に続きます。
記事続き
タイトル
タイトル
アクアワークショップ
記事本文

明日は、今年初めての「アクアワークショップ」が開催されます。私アクアが月1回主催しますアウェアネスワークショップです。
毎月一つのテーマに沿って、瞑想や様々な実習を通し、ご自身の内なる声に耳を傾ける為の静かなひと時を過ごして頂いています。

急きょ、1名様のキャンセルがありました。もし、参加ご希望の方がありましたら、ご連絡ください。詳細をお知らせします。芦屋での、13時より3時間半のワークショップです。
お問い合わせはこちらまで。aquamediumjp@yahoo.co.jp

和気あいあいとした雰囲気の中、いつも素敵な時間を共有させて頂いています。ご参加の皆様、明日もよろしくお願いいたします!

記事続き
タイトル
タイトル
心の繋がり
記事本文
ミディアム、ヒーラーに限らず、セラピスト、カウンセラー等、
人のBody・Mind・Spiritのケアのお手伝いに携わる方は、
とかくプライベートは後回しになりがちですね。

お仕事を重ねる度、様々な事情を抱え、
辛い思いをしている方がたくさんいることに気付かされます。
その苦しみの中、
なんとか前に進もうとする純粋な魂の想いに触れると、
私自身心揺さぶられますし、勇気をいただきます。
最終的には、私自身の在り方に立ち返ることにもなります。
今、お仕事は私のミッションであると感じています。

その反面、友人・家族との交流に影響はありますが、
長い時間の共有だけがすべてでもないように思います。
離れていても、お互い切磋琢磨し、お互いを思い合う。
普段は相手の生き方を尊重し、
時々たくさんのお土産話を抱えて素敵な時間を共有できる。
そのようであれればと思います。
それは、愛と信頼がなければ成立しない関係でしょう。

すべてのものは変化していきます。
長い人生の中では、新たな出逢いも、辛い別れも、繰り返し訪れます。
残っていくのは、真の心の繋がりのある方とのご縁だけかもしれません。
今あるご縁を大切に想い、臆することなく、自分の道に進んでいきます。
大いなる創造主のお導きを信じて。









記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.