コンテンツ
ヘッダ

Aqua

ミディアムアクア 一滴の「永遠の命に至る水」を夢見て

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
翠雨の輝き
記事本文

静かな初夏の散策道では

降り注ぐ雨に青葉が鮮やかさを増し

紫陽花の白や紫の花色が一層美しく際立つ

翠雨の昼下がりとなりました。

生い茂る青葉若葉は雨のしずくに瑞々しく輝き

この季節ならではの心洗われる情景は

憂鬱な雨の日の一服の清涼剤に他なりません。

 

人生の幾多の出会いの中には

人それぞれに忘れ得ぬ稀有な出逢いがあるでしょう。

ここに一つの出逢いの物語があります。

思いがけなくAさんの人生に現れたある人物は

共に過ごした時間は僅かな期間にもかかわらず

交流の中で自らの生き方、人生観に大きな影響を与えます。

出逢いの前と後では人生が変わった、そう感じられたかもしれません。

そして、いつしかお互いに掛け替えのない大切な存在となった時

不意に別れが訪れます。

地上では二度と会うことが出来ない永遠の別れでした。

 

この物語から、この世で深い絆を結ぶには

共有する時間の長さではなく、

響き合う心の交流の深みであることに気づかされます。

瑞々しい翠雨の一瞬の輝きのような

鮮烈でありながら心温まる出逢いの物語を

人生で大切なことは何かを教えてくれたその人を

Aさんは決してわすれることはないでしょう。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

記事続き
タイトル
タイトル
無垢な魂へ
記事本文

通学途中の幼い子供たちの明るい声が響く

ごく日常の平和な朝の光景を一瞬にして打ち砕いた

理不尽極まりない事件に心痛めています。

 

お亡くなりになられたお二方のご冥福を

心よりお祈り申し上げます。

ご遺族の心中に思いをいたす時

察するに余りあるものがございますが、

かけがえのないお子さんを失われたばかりの

ご遺族が報道で伝えられた周囲への配慮ある感謝のお言葉に

深い感銘を覚えました。

 

そして、被害に遭われた多くのお子さんたちやご父兄の皆様へ

心よりお見舞い申し上げます。

穏やかな日常を少しでも早く取り戻されますことを

お祈りしております。

 

現場に今も手向けられ続ける無数の花々を拝見し

この事件が社会に与えた衝撃と悲しみの大きさが感じられると同時に

人々の寄り添う思いと癒しのエネルギーで

その場が穏やかに清められてゆくようにも感じます。

 

子供を、無垢な魂をどのように守るのか。

それは大人であるわたしたちが向き合うべき大切な課題であると

いま感じています。

 

 

どうか皆様の心が平和と共にありますように。

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
薔薇の庭
記事本文

五月は薔薇が最も輝く季節。

雨上がりの朝

五月の爽やかな風に揺れる瑞々しい薔薇の花ほど

美しいものはありません。

容姿の華やかさ、多種多様な色彩や香りから

「花の女王」と呼ばれるに相応しく

観るものの心に喜びと安らぎを与えてくれます。

近隣の庭先にも丹精込められた様々な薔薇が豊かな彩りを添え

それぞれのホームガーデナーの想いが偲ばれます。

 

はじめて薔薇を育て、美しく咲かせるためには

準備が必要と言われます。

品種の特徴を知り、適した土壌や肥料を選び、

水やりや剪定、病気等の日々のお手入れにつとめながら

ホームガーデナーはわが子の如く薔薇への

慈しみを深めてゆくのかもしれません。

そうしてようやく開花の時を迎えるとすぐさま

来年はさらに美しく咲かせようと心弾ませ

奥深い薔薇の世界へと魅了されてゆくようです。

 

思えばすべての人もまた、一生をかけて人生の庭

自らの花を咲かせることを課せられた

庭師と言えるかもしれません。

 

自らの花に向き合い理解を深めながら

日々試行錯誤を繰り返す中で

望ましい成長には何が大切なのかということに

気づいてゆくのです。

たとえ隣の庭園で見事な薔薇が咲き誇ろうとも

わが庭園で同じ花を咲かせることはできません。

自己の個性、本質を知り、そして慈しみ

自分らしい花を懸命に咲かせることに努める、

それが人生の庭師としての使命のように感じます。

暖かい陽ざしやそよ風といった天の恵みを受けながら

可能性を信じ育み続けた果てに

やがて美しい花を咲かせる瞬間が訪れるでしょう。

そして、よろこびは庭師一人だけにとどまらず

ただひたむきに咲くその姿が花を愛でる周りの人々の心にも

ささやかな希望を運ぶ愛の花となりうる、

そう信じています。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
小さな奇跡
記事本文

五月晴れの好季節、松の並木道をゆけば

空は澄み新緑輝く山萌ゆる光景に思わず心洗われる

清しき一日の始まりを頂きました。

 

4月から連休終了まではクラスオフシーズンならではの

特別なイベントが目白押しで

多くの皆様と大変希有な経験を共有させて頂きましたが

ようやく日常に自然な流れが戻りつつあり

ここひと月の様々な出来事を思い起こされるようになりました。

 

Val先生の来日におきましては

ご紹介しきれないほどに

様々に小さな奇跡の出来事が重なりましたが、

ここではとある神社へご案内させて頂いた際の

こぼれ話を一つお伝えいたします。

境内の人影まばらな静かな鎮守の森にあります

四阿(あずまや)に腰を下ろしますと

柔らかな禊の雨が降り出しましたが

Val先生の数々の貴重なご経験のエピソードを伺い

先生と通訳の方としばし歓談の時を過ごしました頃に

おもむろに勇壮な太鼓が音が響いて参りました。

本殿でご祈祷が始まる合図でした。

その時には雨も上がり素晴らしい青空が広がっており

すぐに本殿へと向かいますと、

企業の青年部と思しきフォーマルな出で立ちの団体が

権禰宜によりご祈祷を受けられていましたが

先生は初体験としてもちろんのこと、私にとりましてもまた

平日の神社参拝ではじめて遭遇する静謐な時間は

見えない世界からの完璧とも言えるお導きと思われ

甚く感銘を受けました次第です。

来日イベントのすべてのお仕事を終えられ

束の間の休日を過ごされるVal先生への霊界からの労いに違いありません。

 

早いもので今週末よりクラス再開のシーズンを迎えます。

オフシーズンでの様々な学びのご経験が

今期の皆様それぞれのさらなる向上へと繋がりますことを

願ってやみません。
 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
麗しき調和
記事本文

連休も明け「令和」の時代は真新しさを纏いながらも

日常へと移行し始めました。

 

遅らばせながら、

今改めて「令和」を見つめ直しますと

『令』は「跪いて神のお告げを受ける人の形」の象形文字で

『令』は「神の信託として与えられるもの」とされ、

「神のお告げ」という意味があるそうです。

 

「令和」に宿る言霊は、新たな時代に

わたしたちが神の真意に調和する生き方に努め

この地上を希望あるより良き世界へと創造することを

促してくれるに違いありません。

 

英訳の「beautiful harmony〜美しき調和」とは

日々内なる声に耳を傾け、

他者に寄り添い、自然を愛し慈しむ

望ましき人のありようなのかもしれません。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

記事続き
タイトル
タイトル
新時代の幕開けへ
記事本文

平成から令和へ。

新たな時代の幕開けとなりました。

平成最後に素敵な方々と充実したひと時を過ごせましたことは

感慨も一入でございました。

 

そして、たとえ時代は変わろうとも、

霊性開花への道は永遠不変です。

心新たに自己修養につとめたく思います。

「ミディアムシップ」の学びにご興味がお有の方は、

是非お申し込みくださいませ。

人が永遠のいのちを宿す魂の存在であることを実感し、

地上世界と霊的世界を繋ぐ架け橋となるべく、

共に学びを深めて参りませんか。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

★Aqua 2019春期イベント★

☆第18回「ミディアムシップアドバンス」ワークショップ
5/4(土曜 13時30分〜16時00分)※終了いたしました


「ミディアムシップアドバンス」
スピリットコミュニケーションの基本的な知識、実習経験があり、ミディアムとしての実践、ミディアムシップのさらなる向上を目指す方の為のワークショップです。霊的領域、指導霊とのリンクの強化の為のワーク、安定したミディアムシップ実践の為のレクチャー、公開デモンストレーション、個人リーディングの実習を行います。お一人お一人にフォーカスし、必要に応じ、アドバイス、アセスメントをさせて頂きます。「霊界」とこの世の「愛」を繋ぐミディアムへの道を深める為の後押しとなりましたら幸いに思います。
  ※「ミディアムシップ入門」、「ミディアムクラス」受講経験者等、ミディアムシップ経験者の方は、受講頂けます。

※定員6名様
※参加料 5,000円

 

☆第3回「トランスミディアムシップワークショップ

5/5 (日曜 13時15分〜17時)※終了いたしました

 

「トランスミディアムシップ」

ミディアムの意識レベルを一層深め、トランスミディアムシップを行うためのワークショップです。自然にトランスへと意識の変容を促すワークによって、ミディアムの意識と霊界や故人の霊とのエネルギーの融合をさらに深め、彼らとの距離を近づけることにより信頼関係を高めます。一体感から生まれる繊細な感覚を通し、ミディアムが霊界通信で訪れる大切な故人が持つ個性、感情、お人柄について、より正確で詳細なエビデンス(故人本人であるという証拠)を受け取ることが可能となります。このワークでの体験が技術の向上のみならず、ミディアムご自身の霊性の成長、自信へと繋げる後押しとなりましたなら幸いに思います。こちらはフルトランスは行いませんが、数年来のミディアムシップのご経験をお持ちのアドバンスレベルの方を対象とさせて頂きます。

・Sitting in the Power

・レクチャー

・トランスへ意識の変容を促すワーク

・トランスミディアムシップ(エビデンシャル)

 One to one形式 デモンストレーション 

※定員6名様 

※参加費用7,000円

 

お申し込み、お問い合わせは、こちらまで
アクア 
aquamediumjp@yahoo.co.jp
ご返信までに少々お時間を頂く場合がごさいますが、
予めご了承くださいませ。

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
末永く
記事本文

爽やかな風渡る散策道では

気付けば白いハナミズキがほころびはじめました。

 

昨日早朝、英国人ミディアムVal Williams先生は

無事ご帰国の途につかれました。

すべての来日イベントをいま喜びと充足の想いで

終えることができますことに安堵しております。

 

この度のVal先生の初来日では、

お蔭様で皆様から大変ご好評を頂きました。

連日開催の公開デモンストレーション、ワークショップ、個人セッションへお運び頂きましたすべての皆様へ

改めましてこの場をお借りし心より感謝申し上げます。

 

Val先生は日本の皆様へ数々の貴重な学びの経験と

確かな証拠に裏付けられた大切な故人との

懐かしい再会の機会をもたらしてくださいました。

皆さまからの反響は大きく、お心の籠った

温かいお言葉を多くの皆さまよりお寄せ頂きました。

ご返信が出来ておりませんが、すべて拝読させて頂いております。

追って皆様へご連絡申し上げますので、

少しお時間を頂けますと幸いに思います。

 

先生から学ばせて頂きました事はあまりに膨大で

私の中でまだ咀嚼しきれてはおらず

拙い言葉ではとてもお伝えきれませんが、

中でも最も印象に残りました事は

ミディアムとして、スピリチュアリストとして

基軸となる、基本であり最高のあるべき姿を

参加者の皆様へお教え頂いたことでしょう。

霊界への敬意、スピリットガイドへの信頼、お祈り等、

つねに真摯な想いで携わる『規律』が不可欠であることを

何度も繰り返しお伝え頂きました。

 

そして、

「霊性開花の道には常に好調と不調の波が伴うのは、

わたしたちがエゴを持たないよう、

謙虚であることが求められるから」というメッセージも

学び手の皆様への何よりの励みとなったに違いありません。

 

先生と掛け替えのないひと時を共にさせて頂き、

世界中での活動のお話や、時に個人的なご経験を伺い、

長きにわたるミディアムとしての道での

想像をはるかに超えた幾多のご苦労話には

大変僭越ではございますが

同じミディアムとして非常に共感を覚え、

Val先生への尊敬の念を禁じ得ませんでした。

 

有り難いことに、帰路につかれますまえに

再び日本へお越し下さるとのお言葉を頂いております。

様々な国でのご経験豊かなVal先生ですが、

日本の学び手の皆様の謙虚さ、お互いへの配慮の気持ちに

大変感銘を受けていらっしゃいました。

皆様に次回の来日をどうぞ楽しみにお待ちいただければと思います。

 

最後になりましたが、

この来日イベントを実現させるにあたり、

通訳としてアテンドとして多大なるご尽力を頂きましたM様へ

この場をお借りし心より感謝申し上げます。

誠に清々しく、充実した日々でございました。

 

ハナミズキは、日米友好を願い日本から送られた桜の返礼として

アメリカから贈られた『友情』の象徴。

私たちの友人として日本に来日された

英国人ミディアムVal先生との交流が末永く続くことを願って、

来日イベント終了のご報告とさせて頂きます。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
祝福をともに
記事本文

桜吹雪が天からのフラワーシャワーの如く注がれる昼下がり、

行く先には祝福の花の道が続く、春の風物詩の光景。

四月を迎え、このよろこびの瞬間に幾たびか遭遇しました。

そして今、

伸びやかに壁に踊る蔦の柔らかな萌黄色の緑や、

レースのカーテン越しに透ける植栽の若葉が放つ

生まれたての生命の輝きに自然と視線が向かいます。

人を惹きつけてやまないのは、

はじまりの「生命の躍動」や終焉の「散り際」、

自然界のあるがままのいのちの姿なのかもしれません。

誰も見ていなくともただ懸命に生き貫くその尊さに。

 

先だっては、「こころの木」をテーマとして、

恒例の名古屋でのワークショップを開催させて頂きました。

三重や岐阜からもお運び頂き、この場をお借りして、

名古屋ワークへお越し頂きました皆様へ感謝申し上げます。

今回はいつにも増して、

心の琴線に触れる深いひと時を

皆様と共に過ごさせて頂いたように感じます。

数えきれない葛藤や迷いの涙の日々を越え、

自己への理解を深める大切な気づきを迎えた時、

人の心は解き放たれ涙が頬を伝います。

今あるがままの自己との和解の涙は、神からの祝福そのもの。

その涙の瞬間を皆様と分かち合うことが出来ました事を大変光栄に思います。

 

そして、人がたった一人で涙を流す

そのかなしみ、そのよろこびの瞬間でさえ孤独ではなく

見えない世界へ旅立たれたご家族や魂の導き手は

共に分かち合ってくださっている、そう信じています。

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

記事続き
タイトル
タイトル
桜始開
記事本文

暦では『桜始開〜さくらはじめてひらく』、

日本中が桜色に彩られる心華やぐ頃となりました。

名高き桜の名所でもある地元の河畔の桜並木では、

淡紅色の花芽が膨らみ始めたばかりですが、

儚くも美しい桜色のいのちの輝きに包まれ

老若男女誰もが魅了され、癒される瞬間はもうじき。

 

先だって、お蔭様で早くも今期のすべてのクラスが

無事終了の日を迎えることが出来ました。

お越し頂きましたすべての皆様へ心より感謝申し上げます。

 

それぞれのクラスの皆様との締めくくりの時間は

いつもながら最終クラスに相応しく

お互いの繋がりが感じられる深い共有のひと時となりました。

アウェアネス、ミディアムシップ共、今期の学びを通し、

お一人おひとりにとって必要な気づき、新たな意識の変容、

霊的技術的向上をご確認頂けたかと思います。

これも皆様の真摯で純粋な学びへの姿勢の賜物であり、

このような方々と充実した時間を過ごせますことは

誠に講師冥利に尽きる想いが致します。

そして、来期もまた引き続き、

皆様との切磋琢磨の学びをご一緒できますことを何より嬉しく思います。

 

4月はワークショップ、イベントのシーズン。

皆様のさらなる霊的開花の瞬間が訪れることを心待ちにしております。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
気づきへの誘い
記事本文

道のべには芽吹き始めた真白き雪柳の可憐な枝先が

しなやかに風に揺れ、目前に迫る春本番を告げるかのようです。

いよいよ桜の開花の季節の到来です。

さて、こちらは霊性開花、『アウェアネス』の学びのご案内です。

新たに開設の運びとなりました「日曜アウェアネスクラス」、

また芦屋で開催の「アウェアネスワークショップ」では、

皆様ご自身やそれぞれの人生への理解を深め、

日々より善く生きる為の気づきのひと時をご提供しております。

残席がございますので、ご興味がお有の方は是非お越しくださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

☆アウェアネスクラス(全3回) 12,000円 残席1席となりました

5/26、6/23、7/28(日曜 10時〜12時)

「アウェアネスクラス」
スピリチュアルアウェアネス(霊的目覚め)を目的としたクラスです。「人は永遠に成長し続ける魂の存在である」というスピリチュアリズムの本質に沿った瞑想や実習を通し、人生をより善く生きる為の気付きに繋げて頂きます。
※初めての方にもご参加頂けます。 

※定員6名様
※お申し込みの際、予め欠席のご予定がある場合、1回分のみお値引き可能となります。

すべてのお申し込み、お問い合わせはこちらまで。

アクアaquamediumjp@yahoo.co.jp

 

 

 

☆3月芦屋アクアワークショップのご案内
テーマ 〜 『True Color』残席僅かとなりました 


Human(人間)が、Hue(色)-Man(人)
「色の人」を表すように、
古来から色と人とは深い関わりがあると言われています。
人はオーラと言う、その人特有の光であり、エネルギーである色彩を
常に放ち続ける存在です。
そして、それぞれの色には深い意味が内在しています。
感性を解き放ち、色彩の波動を感じてみましょう。
創造性豊かな色彩の世界に触れ、
ご自身の持つ『True Color』本来の美しい輝き、
魂の彩りを見つめてみませんか。

<日時>2019年3月27日(水)
<場所>芦屋市民センター(ルナホール併設)、業平町8−24
<開始時間>13:00(厳守でお願い致します)
<終了時間>16:30
<準備して頂くもの>色鉛筆、筆記用具
<料金>¥4,000  当日お支払いください。
<お申し込み方法>下記のアドレスまでご連絡ください。

アクアaquamediumjp@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.