コンテンツ
ヘッダ

Aqua

ミディアムアクア 一滴の「永遠の命に至る水」を夢見て

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
アーティスト・チャイルド
記事本文

昨日は、スピリチュアルレッスン・「オーラグラフ」の

ワークショップを開催いたしました。

スピリチュアルワークに関して、またアートにつきましても

経験値は様々でしたが、このテーマに相応しい方々にお集まり頂きました。

ペアワークのレッスンが中心ですので、予め組み合わせを決めていましたが、

参加者の方々は自然にこちらの意図する場所に完璧にお座りくださり、

クラスの始まりから既に必然の流れにあることを実感した次第です。

 

「オーラグラフ」についてのレクチャー、大いなる源と繋がる方法、

ヴィジュアライゼーションのレッスン、エネルギーを読むレッスン等を経て、

ペアになった人物のオーラを感じ取り、

色彩、シンボル、心象風景をオーラグラフに描いて頂きました。

 

描き出すアートの世界もサイキックなものから、

対象となる人物の亡き家族に由来する物を描写された方もあり

ミディアムシップに至るものまで様々でした。

参加者AさんはBさんのオーラから感じ取った紫色を描き、

「水晶のような紫色で亡くなられたお母様を感じる」と

表現されましたが、Bさんによりますと生前お母様は、

アメジストの指輪をいつも身に着けておられたそうです。

こちらは印象に残った一例にすぎませんが、

皆様それぞれに自由に個性に満ちたオーラグラフを描き、

それぞれの深い視点で読み解いて頂きました。

 

「オーラグラフ」に必要なことはアートの経験、技量ではなく、

ご自身の中の「アーティスト・チャイルド」に目覚めること。

今回はこの理念を基本とし、ワークショップを進めて参りました。

描く前の心の準備として「リラックス」は非常に功を奏したかもしれません。

ワーク終了時の皆様の活き活きとした表情から、

お一人おひとりが大いなる創造の源に繋がり、

批判や失敗を恐れず、ご自身の感性に身を委ね、

「アーティスト・チャイルド」として自由に描き切って頂いた、

今そう感じています。

 

4月名古屋アクアワークショップでも「オーラグラフ」を開催いたします。

ご興味がお有の方は是非お越しくださいませ。

あなたの中のアーティスト・チャイルドが、

まだ見ぬご自身の創造性の扉を開くかもしれません。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

 

記事続き
前後の記事
<< 霊界からの贈りもの | TOP | 桜守 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.