コンテンツ
ヘッダ

Aqua

ミディアムアクア 一滴の「永遠の命に至る水」を夢見て

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
梅薫る
記事本文

春寒が少し和らいだ昼下がり、駅までの道すがらの近隣の庭先では、

細い枝先に清楚な白梅が美しくほころぶ様子に癒されます。

毎年小さな春の訪れをそっと告げる心和む風物詩です。

 

「梅は寒苦を経て清香を放つ」という一節があります。

春に先駆け、楚々と咲く梅の花は、

厳しい冬の風雪に耐えてこそ、清らかな香りを放ち、

人もまた、艱難辛苦を乗り越えてこそ、やがて天分を花開かせる、

と言われます。

 

日常では突然、人生の荒波に投げ出されるような出来事が起こります。

日々、如何に心砕き、完璧の備えをしていても、

予期せぬ辛い出来事を避けることをはできません。

そこには、私たちの知に及ばない大切な意味があり、

困難な出来事に向き合い、最善を尽くすことでしか得ることの出来ない、

其々の人生にとってかけがえのない気づきが存在しているように感じます。

「本当に大切なものは何か」を自らに問いかけ続ける日々を経て、

いつしか内から放たれるその方ならではの魂の輝きへと

昇華されてゆくに違いありません。

そして、この地上世界にも、また見えない世界にも、

いつもわたしたちの魂の道の傍らに寄り添い、見守る人々がいる、

そう信じています。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

           

記事続き
前後の記事
<< Aquaの活動 | TOP | 我は咲くなり >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.