コンテンツ
ヘッダ

Aqua

ミディアムアクア 一滴の「永遠の命に至る水」を夢見て

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
目覚めの時
記事本文

麗らかな春の光に誘われ、冬籠りしていたすべての生き物が目覚める頃、

二十四節気「啓蟄」を迎えました。

凍返る風は冷たくとも、日々輝きを増す陽ざしに促されるように

今年もまた、近隣の白木蓮の清らな蕾も豊かにふくらみ、

いよいよ目覚めの時を迎えています。

 

「夢があったら、他人の意見を聞かないように。

 自分の人生は自分で決めていかないと、絶対にあとで後悔します。」

こちらは、先日アカデミー賞を受賞された特殊メイクアーティスト、

辻一弘氏の言葉です。

 

学生時代よりその突出した才能を開花させておられたようですが、

ハリウッドでの特殊メイクの道を目指された当時、

まだ専門の知識や技術を学ぶ場所すら存在せず、

さらに家族や周りの理解に恵まれた環境でもなく、

まさに、道なき道をご自身の熱意と努力で切り開かれた

この方ならではの力強い名言と言えるかもしれません。

そして今は、次の夢を追いかけ、

芸術家としての新たな道を歩まれているようです。

 

人が人生の目的に目覚める時、

私たちの心には譲れない強い想い、熱意が生まれます。

その先に何があるのかも知らず、

人はその心の炎を燃やし続け、突き動かされながら

本当に望む場所へと導かれているのかもしれません。

そして、目覚めの時は、人生の中でいつでも何度でも訪れる、そう思います。

 

 

皆様の心が平和と共にありますように。

 

 

 

記事続き
前後の記事
<< 春の風 | TOP | 祈りの日 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.